2008年05月17日

明日18日は。。。

676986367.jpg


いつもお世話になっている皆様、

又、新しくご来店予定の皆様、

明日18日はENTEROお休みとさせて頂きます。

尚、昼間の週末ウガンダカフェも

お休みになります。

最近肌寒い日が続いてますが

風邪には十分ご注意ください。


ENTERO マスター 136-2135-0904





posted by master at 13:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年05月16日

ヨイトマケの唄

2238083625.jpg


最近よく聴きます。

静かなところでしんみり聴いてみてください。。





Wikipedia

ヨイトマケの唄(ヨイトマケのうた)は、

美輪明宏(当時・丸山明宏)が自ら作詞作曲した

1966年のヒット曲。

美輪が幼少時に一緒に育った友達の

亡き母を回顧する歌である。

主人公の過去には幼少時、母親の職業がきっかけで

いじめを受けた悔しさなども折り込まれている。

なお「ヨイトマケ」とは、かつて建設機械が

普及していなかった時代に、土木建築に従事していた

人々の呼称のことである。


槙原敬之が歌う「ヨイトマケの唄」

http://jp.youtube.com/watch?v=wJky2se9S2M&feature=related



ENTERO マスター 136-2135-0904

posted by master at 13:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽

2008年05月11日

鳥井信治郎

water1_p03.jpg

皆さんは鳥井信治郎氏をご存知だろうか?

鳥井信治郎とはサントリー創業者であり、

国産ウイスキーの父である。

昭和2年国内最初のウイスキー「サントリーウイスキー白札」

を発売、同時に赤玉が太陽(サン)を象徴していたことから

「サン」をとり、鳥井「トリイ」と合わせサントリー

としたという。

今回、記事のカテゴリをあえて「ハードボイルド」にした。

それは昔、彼のウイスキー作りに関する記事を見て、

ハードボイルドと呼ぶに相応しい男だと思ったから。

その記事をここで皆さんに紹介したい。








永久欠番 1931年

photo05.jpg



ウイスキーは金食い虫だった。

蒸溜後、樽に詰めて熟成を待たないと販売はできなかった。

しかし資金繰りはひっ迫していた。1931年には、ついに

原料の麦を買う資金がなく鳥井信治郎は、

「今年だけやで…」と涙をのんで仕込みを中止する。

このため、山崎蒸溜所の貯蔵樽にこの年号の樽は

ひと樽もない。

翌年にはドル箱の「スモカ歯磨」の製造販売権を売って

蒸溜を再開し、1934年には横浜のビール工場を売却、

身を削りながら、原酒を貯え続けていった。


1937 年、マスターブレンダー鳥井信治郎は

サントリー角瓶を完成。

以来70年、このボトルはジャパン・オリジナルな

ウイスキーとして、多くのファンとともに旅を続けている。



何事も先駆者というのはすばらしい根性と

信念を持っている。

様々な苦労に耐え信念を貫き、

ジャパニーズウイスキーを作りあげた

鳥井信治郎氏に感謝したい。




その後ジャパニーズウイスキーは今や世界中で認められ

数々の名誉ある賞に輝いている。。。



サントリー角瓶  
     白角      35 RMB

サントリーロイヤル    35 RMB

山崎 12年       50 RMB

山崎 18年       65 RMB

響 17年        50 RMB

響 21年        70 RMB




ENTERO マスター 136-2135-0904
 



















posted by master at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードボイルド

2008年05月07日

エライジャ・クレイグ

2204653313.jpg


新しく入荷したバーボンウイスキー、

「ELIJAH CRAIG」

ケンタッキー開拓時代のプロテスタント、

バプティスト派の聖職者エライジャ・クレイグ牧師に

ちなんで名付けられたバーボンです。

牧師の名に恥じないバーボンを造ろうと、

企画から25年もの歳月をかけて製品化されたブランドです。

最初のバーボン製造者と伝えられていることから

「バーボンの父」として称えられています。


当時のウィスキーは、農家の軒先や納屋に置いた

ごく小さな蒸留器で造る簡単で素朴なものでしたが、

1785年ジョージタウンにやって来たエライジャ・

クレイグ牧師は、副業でウィスキー造りに励み、

そのために蒸留所として丸太小屋を建てました。

そのときに考案したのがトウモロコシに大麦と

ライ麦をミックスして火にかけ、糖分を抽出して

水を混ぜ、リンゴとプラムを入れて熟成させたのちに

蒸留するというものでした。エライジャ・

クレイグ牧師は、蒸留したウィスキーを、

内側の焼けた樽に入れたまま丸太小屋に置き忘れた

ままにし、 3〜4年後に開けてみると、焦げたオークの

ために赤味がかった芳醇な液体が現れた、

というのがバーボンの始まりという説が有力です。


今まで北京では手に入らなかったのですが、

ココリコさんのご好意により

ENTEROに入荷することができました。

ぜひ一度お試しください。


ELIJAH CRAIG    45 RMB




ENTERO マスター 136-2135-0904



posted by master at 14:38| Comment(9) | TrackBack(0) | ウイスキー

2008年05月06日

個室カラオケの利用料金変更`

2207466882.jpg

個室カラオケの料金体制を一部変更致します。

○従来の価格

 時間無制限

 300 RMB/部屋 


○新しい価格

 3時間
  
 50 RMB/人


この変更により少人数での個室のご利用が

かなりお得になりました。

カラオケ機器は楽曲数で誇るハイパージョイ!!

日本語をはじめ、韓国語、中国語、英語の歌も

たくさんあり、多国籍でのパーティーも可能です。

個室は一つですので

ご来店時はお電話にてご確認ください。


ENTERO マスター 136-2135-0904
 
``
posted by master at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年05月01日

ペコタン<パン部門>コラボ!!

3140922996.jpg

今日はペコタン<パン部門>の方に

きて頂いて特製のパンを出して頂きます。

この機会にぜひお試しください!!

限定20食ですので行動はお早めに。


ENTERO マスター 136-2135-0904



posted by master at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ENTERO