2008年06月30日

オーナー出勤日

2665325445.jpg


本日はオーナー出勤日です。

ぜひ無理難題を押し付けてあげてください。

ふらふらこんな顔になるのを期待してます目


ENTEROケータイ 136-2135-0904



posted by master at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年06月28日

第五回 肉の日

GFRDDS.jpg


明日29日は恒例の肉の日です。

肉の日も早いもので五回目になりました。

いつもどうり、、


ステーキセット    50 RMB <ご飯味噌汁付き>


カールスバーグ    25 RMB

ギネス        30 RMB


<最近人気なのが「角瓶のハイボール」

様々な料理にあうとのことで評判です!

一度お試しください!



ENTERO マスター 136-2135-0904
posted by master at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年06月26日

「常連」の定義

4269405434.jpg


常連さんってどういう人のことを指すのか

ふと考えてみました。

例えば週に何回通えば常連と呼べるのか?


インターネットで調べるとこんな数字が出てきました。


(1)週7回以上  2票

(2)週6回     0票

(3)週5回     4票

(4)週4回     6票

(5)週3回     24票

(6)週2回     14票

(7)週1回     25票

(8)月2回     6票

(9)月1回     5票

※総投票数    86票


この数字だけをみるとだいぶバラつきがあり、

回数が問題ではないのかなと思ってしまいます。

僕の「常連」のイメージは店に来て

「いつもの。。」で通じる人です。手(パー)

でも友達とかは一回しか来てなくても

覚えてたりするので、それも違うような気がします。


んーじっくり考えてみると、「店」というのは、

3本の柱で支えられているんだと思います。

ひとつはオーナーをはじめスタッフ達、

二つ目は大家さんや酒屋さん、

もうひとつはお客さん。

こう考えると、お客さんの中でも先頭きって

支えて頂いている「常連さん」は

店には欠かせない存在です。

ひらめきちなみに物を支えるときは

3本が一番安定するそうです。

例えば車でいえば四輪車より三輪車のほうが

安定するらしいです。。」


結論

「常連さん」とは、頻繁に<大体週1回以上>来店され、

 オーナーをはじめスタッフと一緒になって

 お店を創ってくださる良いお客さんのこと。

 やっぱりちょっと曖昧ですね。。


  ENTERO マスター 136-2135-0904


posted by master at 19:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月22日

ワールドカップ3次予選最終戦

2847438788.jpg


北京時間6:00PMから、ワールドカップ予選があるので、

本日6:00オープンにします!

ビール片手にサッカー観戦はいかがでしょうか?

尚、お食事はお隣の焼肉屋、西万さんから出前ができます!


2010FIFAワールドカップアジア3次予選 日本VSバーレーン 

岡田ジャパンが3次予選最終戦に挑む!


ENTERO マスター 136-2135-0904
posted by master at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年06月14日

竹鶴政孝

smile.jpg


ジャパニーズウイスキーを語るのに欠かせない

人物がいます。

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝氏。

彼もサントリーの鳥井氏と同じくスコットランドへの

留学経験があり、あくまでも品質にこだわり続けた技術者

として知られています。


彼は現地で積極的にウイスキー醸造場を見学し、

頼み込んで実習を行わせてもらうこともあったそうです。

ウイスキー用の蒸留釜(ポットスチル)の内部構造を調べる

ため、専門の職人でさえ嫌がる釜の掃除を買って出たという

逸話も残されています。

帰郷後、竹鶴氏の所属する摂津酒造は純国産ウイスキーの

製造を企画するも、不運にも世界恐慌が起こり資金調達が

できなかったため計画は頓挫してしまいます。

そんな時、大阪の洋酒製造販売業者寿屋(現在のサントリー)が

本格ウイスキーの国内製造を企画。社長の鳥井信治郎が

スコットランドに適任者がいないか問い合わせたところ、

「わざわざ呼び寄せなくても、日本には竹鶴という

適任者がいるはずだ」という回答を得ました。

鳥井は以前摂津酒造に模造ワイン製造を委託していた

ことがあり、竹鶴とも数度面会したことがあった。

同年6月、竹鶴氏は寿屋に正式入社。

竹鶴氏は、製造工場はスコットランドに似た風土の

北海道に作るべきだと考えていたが、鳥井は消費地から

遠く輸送コストがかかることと、客に直接工場見学させたい

という理由で難色を示した。竹鶴は大阪近辺の約5箇所の

候補地の中から、良質の水が使え、スコットランドの著名な

ウイスキーの産地ローゼスの風土に近く、霧が多いという

条件から京都山崎を候補地に推しました。


1924年11月11日、サントリー山崎工場が竣工され、

竹鶴氏はその初代工場長となります。

鳥井氏は最大限、竹鶴の好きなように製造をさせましたが、

金ばかりがかかって全く製品を出荷しない山崎工場は

出資者らから問題にされ、鳥井氏はやむなくそれとなく

発売を急ぐよう指示。出荷ができるほどに熟成した原酒は

最初の年に仕込んだ1年分のみで、ブレンドで複雑な味の

調整をすることができないため難色を示した竹鶴氏ですが、

それ以上出資者を待たせるわけにもいかないということも

承知していたので、出荷に同意します。


経営者側の鳥井氏の意見と製造者側の意見の竹鶴氏。

意見がぶつかることもたくさんあったとされています。

1934年3月1日、後続の技師が育ってきたこと、

最初の約束である10年が経過したことから、

竹鶴氏は寿屋を退社。

4月、北海道余市町でウイスキー製造を開始することを決意。

資本を集め、7月に大日本果汁株式会社を設立し、

代表取締役専務に就任しました。

ウイスキーは製造開始から出荷までに数年かかるため

出荷までは当然ウイスキー製造による収益はない。

そこで竹鶴は、事業開始当初は余市特産のリンゴを絞って

リンゴジュースを作り、その売却益でウイスキー製造を行う

計画であった。

しかし竹鶴の品質へのこだわりはジュースにも及び、

他社が6銭の果汁入り清涼飲料を作っていたのに対して

30銭もする果汁100%ジュースしか販売しなかったため、

あまり売れなかったという。

1940年、余市で製造した最初のウイスキーを発売。

社名の「日」「果」をとり、『ニッカウヰスキー』と命名する。

1945年、終戦になると他社が相次いで低質のウイスキーを発売。

中には原酒を全く使っていないものもあった。

竹鶴は「わしゃ三級は作らん」とこのような低質の製品を

作ることを拒否していたが、筆頭株主だった加賀らに説得され、

1950年、安価な三級ウイスキーを作ることになる(

このブレンドには養子の威を初めて担当させている)。

しかしこのとき、あえて原酒を当時の酒税法上の上限いっぱいの

5%まで入れさせてせめてもの抵抗をしています。


こうした竹鶴氏の品質へのあくなき探求が実を結び、

ニッカウヰスキーは世界で数々の賞に輝いています。


よりたくさんの人にウイスキーを楽しんでもらおうと

尽力し、またそれを実現した鳥井氏は

いわばブレンデッドウイスキー。


品質にこだわり、自分の理想のウイスキーを求めて、

信念を貫いた竹鶴氏はシングルモルト。


ウイスキーに人生を捧げた竹鶴氏は、

かなりのハードボイルドと言えるでしょう。。。


余市10年        50 RMB

NIKKA ALLMALT       40 RMB

NIKKA SUPER        40 RMB

NIKKA BLACK       35 RMB


NIKKA WHISKY



ENTERO マスター 136-2135-0904











posted by master at 16:28| Comment(5) | TrackBack(0) | ハードボイルド

2008年06月12日

BIG BAND JAZZ

4221146272.jpg

先日あるお客さんからビッグバンドのDVDを頂きました

どうもありがとうございます。演劇

お店が一段といい雰囲気になりました手(パー)



Jazz Icons

http://jp.youtube.com/watch?v=ABZawAxW5Is
youtubeから。

Woody Herman

http://jp.youtube.com/watch?v=Jz6Eqm8WZPc


尚、店内ではビッグスクリーンで映像が見られます。カチンコ

最近、夜は涼しくなってきていますので

たまにはブラっとお一人で、

または大切な人とご一緒に、ムード

いい音楽とおいしいお酒を楽しみに来てみてください。夜


ご来店お待ちしています。


ENTERO マスター 136-2135-0904




posted by master at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2008年06月11日

PARTY

?.jpg


昨夜は合計で42名の方にご来店いただき大盛況でした。

オープニングパーティー以来じゃないかというぐらい

たくさんのお客さんでとても嬉しく思います!

昨日はマスター、ASARI、Naoと、スタッフ3人体制で

臨みましたがさすがに42対3ではかなり押され気味でした。

たまたま来店していたENTEROファミリー、バンビ

にも参戦してもらい、また昨日のイベントの幹事でもある

K氏にも応援を頼み、何とか大成功になりました。

途中、Naoが数え切れないほどのグラスを割ったり、

ASARIがカクテルを作り間違えたり、

マスターがトイレを限界まで我慢してつい内股になったり、

バンビが卒業決まって泣きそうになったり

K氏がケーキのロウソクを忘れたりと、

数々のハプニングと動揺が見受けられましたが、

無事終えることができてよかったです。

しかし今後の戦に備えるため

新しいENTEROファミリーを募集します!

思い立ったら即電話ひらめき電話



ENTERO マスター 136-2135-0904


posted by master at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年06月10日

お知らせ

168509681.jpg


本日9:00よりENTERO貸切となります。

ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



ENTERO マスター 136-2135-0904
posted by master at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ENTERO

2008年06月09日

山崎蒸留所

2575853036.jpg



keyvisual.jpg





先日日本へ帰国した際に

サントリー山崎蒸留所へ行ってきました。

古く山崎は水生野<みなせの>と呼ばれ名水百選

にも選ばれています。

約一時間、蒸留所内でウイスキーの仕込みから

ポットスチル<蒸留釜>、樽の貯蔵庫を見学し

最後に山崎12年と白州の試飲ができます。

ストレート、ロック、ソーダ割りと

一通り全部飲んできました。

最後にファクトリーショップに案内されます。

ここには蒸溜所でしか手に入らない、

オリジナルウイスキーやこだわりグッズが揃っています。

そこで発見したのが「蒸留所限定販売ウイスキー」

限定と言われるとつい手が出ますね。

ということで買ってきました。


「蒸留所限定販売ウイスキー」   40 RMB


限定一本ですのでお早めにどうぞ。

ちなみに限定10杯のみです!!

サントリー山崎ホームページ
http://www.suntory.co.jp/whisky/yamazaki/index.html





P.S  蒸留所を案内してくれた方がとてもきれいな人でした。

    また帰国したときは行こうと思います。。



ENTERO マスター 136-2135-0904

 




posted by master at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月08日

いろいろ

3521736411.jpg


皆さんお久しぶりです。
                                               
ブログの更新が遅れてしまいごめんなさい。。。
                                    
ちなみに言い訳すると店内に持ち込んでいた 
                                     
マイパソコンにカクテルを<マルガリータ>
                                      
豪快にぶちまけてしまい故障してました。。                                                                   

なんかこの期間、四川大地震の影響で三日間                                      

店を閉めたり、日本に帰国したりで、十日間ぐらい                                   

店不在になってました。                                               

しかしばっちり新しいお酒仕入れてきましたので                                    

紹介しておきます。                                                                              

マンゴヤン<マンゴーリキュール>    45 RMB                                                               

ヨーグリート                40 RMB

                                                               
I・W・ハーパー・ゴールド・メダル      40 RMB 
                                                              

メーカーズ・マーク・レッド・トップ     60 RMB 
                                                             
ラフロイグ10年 750ml         60 RMB 
                                                                                                                       




サントリーリキュール紹介                                              http://www.suntory.co.jp/wnb/                                                             




ENTERO マスター 136-2135-0904
                                                                                                                                               
posted by master at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記